家ができるまで

リフォーム〜もっと快適に住みよい家へ〜

 

 

 

 

写真をクリックしてください

写真をクリックしてください

写真をクリックしてください

写真をクリックしてください

キッチンが使いにくい…お風呂が寒い…収納が足りない…

家についてそんな悩みごとはありませんか。問題点とご予算を調整しながら

もっと好きになる快適な家づくりをお手伝いいたします。

before

before

before

before

after

after

after

after

Aさん宅 (東川町)

Tさん宅 (旭川市)

Mさん宅 (東神楽町)

Bさん宅 (旭川市)

01 02 03 04

最初はIHクッキングヒーターの交換の相談でした。話しを進めるにつれて、だったらここも、あそこもとご要望がふえてゆき、最終的には外観、外構までお家全体のリフォームとなりました。お仕事でマッサージの施術をされているので、お庭から家の外観、玄関、施術室までのお客様動線に気を配りながら仕上げました。アンティーク調の床材やアンティーク加工をした付け梁やアイアンの持ち送りで飾り棚を付けて落ち着いた空間の中にかわいらしさを演出しました。リビングと施術室を隔てる壁に埋め込まれた60cm水槽がポイントです。

 

築35年の店舗と併設した家のリビングと和室二部屋、脱衣室、店舗部分をリフォームしました。和室の柱を残し壁を取り払うことで広々としたリビングにしました。残した柱にはあえて傷をつけ、アンティーク風に仕上げ。柱や梁は濃い色を、床はナラの無垢フローリングにクリアーのぬか塗料を使用し古民家をイメージできる仕上がりにアレンジしています。アイアンの持ち送りやステンドグラスのペンダント照明器具を使用し、古さの中にもかわいらしさも加えてみました。

ご主人の希望で、アメリカンテイストの内観に仕上げました。

通常、下地に使われる下地合板をそのまま素地で見せることで、アメリカンガレージのような無骨で荒い空間を演出。柱にダメージ加工を施し、新しいものと古いものを組み合わせ落ち着きがあり暖かみのある隠れ家のようなイメージを作り出しています。

好きなテイストに囲まれる空間で、ご主人だけの趣味の時間を満喫していただきます。

 

Bさんが経営し働いているお店は1階が店舗で2階が物置状態になっていました。2階の天井を壊し、高さが広がった空間を上下の2層に分け、住居としてリノベーション。下は、ご主人の部屋、上は娘さんの部屋。狭い空間を有効活用し、無駄のない広い空間を実現しました。

 

プライバシーポリシー
北海道旭川市豊岡6条4丁目4-15 tel 0166-56-3734 fax 0166-56-2890 ©2015 アーケン. ALL RIGHTS RESERVED.