家ができるまで

夢は無人島に

丸太小屋を建てること。

アーケン株式会社 代表  藤原 立人

小学5年生の頃に見たテレビの「ウルトラクイズ」で優勝者が無人島を手に入れ、ログハウスを建てるシーンに感動を覚え、大工になることを決意。にもかかわらず高校時代、北大農学部の家庭教師の影響で砂漠に海水を引き込みマングローブの森を育てる緑化の取り組みに興味を持ち、東京農業大学林業部を目指すも入試失敗。北海道酪農学園大学時代、日糧製パンのバイト中に再び無性にログハウスを建てたくなり、大学卒業後1994年、菅原組(旭川市)に入社し大工となる。先輩にログハウスを否定されながら7年の経験を積み親方に昇格し、生粋の宮大工の道をまっしぐらに走り始める。2001年、木の城たいせつ(旭川)に入社し、2級建築士取得。2004年、弘建(こうけん)に入社し大工や現場監督を経験。2008年、㈱ヘリテージホーム(旭川・本社仙台)入社。設計、営業、現場監督など幅広く経験を積む。ログハウス、農業、宮大工、営業、現場監督、設計など遠回りしながらも幅広い経験を生かした住宅への深い提案をするため、2014年5月15日、㈱アーケン設立。

プライバシーポリシー
北海道旭川市豊岡6条4丁目4-15 tel 0166-56-3734 fax 0166-56-2890 ©2015 アーケン. ALL RIGHTS RESERVED.